家で起こるトラブルや整えたい設備について調べる

風呂場を快適にする

浴室リフォームの意外な落とし穴?

浴室の空間を快適にすることができれば、毎日のお風呂がもっと楽しいものになるはずです。毎日のお風呂の快適さのためにも、浴室リフォームは大切なことですが、いくつか注意しておきたいことがあります。 浴室リフォームをする際に、開放的な空間を作ってゆったりとしたいと考えている方がいますが、あまり開放的な空間にしすぎると、浴室が効率よく暖まらなくなったり、あるいは周囲からの視線を過剰に気にしすぎたりしてしまうなどの弊害があります。ですから、周囲をガラス張りにしたいと考えている場合には、特に広くなりすぎないように気を付けるべきです。 他には、お風呂は滑ったりするなどのトラブルを発生させる危険性があります。ですから、浴室リフォームの際には、床の段差を極力なくして、衝撃を吸収できるような素材を使用していくのが無難です。快適なお風呂を楽しむためにも、無計画な浴室リフォームで失敗したくないものです。

高齢化に伴い浴室リフォームも増加

介護関係やバリヤフリーなどの高齢化対策がますます進んでいますが、冬場はお年寄りにはもっとも危険な季節です。 高血圧による入浴時のヒートショックなどは非常に命にかかわる場合があります、バリヤフリーにおける段差の解消工事と共に浴室リフォームをされる場合が多いです、浴室リフォームでは風呂場の暖房はもちろん脱衣所の暖房が大切です、脱衣所の寒さで収縮した血管が入浴で温められ急に血管が広がる事による血圧の下降がヒートショックと呼ばれます、浴室リフォームする事により高齢者が安心で安全に入浴する事ができます。 浴室リフォームにも補助金が下りる場合がございますので、お近くの関係機関や地域のケアマネイジャーさんに問い合わせてください。